スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「崇灰の鴉と僕」 ④ カラ

外はとても暑くて、バイトからふらふらと戻ってきて、テレビをつけた。

そこでは、「お盆」「帰省ラッシュ」という言葉が飛び交っていた。

そうか、今、お盆なのか…。

そんなこと、すっかり忘れていた。


僕は最近、姉の事をあまり思い出さなくなった。

父や母のことは、それ以上に思い出さない。

頭の中は、鴉のことでいっぱいだった。

他のことなんて、他の人間なんて、どうでもいいと思っている自分がいた。


そんな普段の自分を取り繕いたかったのかもしれない。

お墓参りに行く事にした。


「ねえ、空いてる日ない?」

僕は早速、鴉に聞いた。

「なんで?」

「お墓参りに行こうと思って。」

鴉は、読んでいた雑誌から顔を上げ、僕を見た。

意味が分からない、とでも言いたそうな顔で。

「誰の?」

鴉は聞いた。

「え~っと…、僕の、家族の…」

その答えを聞いて、鴉は笑った。

「何で俺が行かなきゃいけないんだよ。俺、お前の家族と会ったことねえし。」

「いや、そうなんだけど…」

「行かない、行かない。」

そう言って、鴉は台所へ消えた。

僕は考えた。

そうか、それはそうだよな。

知らない人間の墓に参っても、何も思わないし、何も起こらないもんな。

冷たいコーヒーを持って、鴉が戻ってきた。

僕は言った。

「じゃあ、僕、一人で行くよ。」

「おお、行ってこい。」

そう言うと、鴉はまた雑誌を読み始めた。

僕には面白みの分からない、小説ばかりが載った雑誌。

頭にふと思い浮かんだ事があって、数秒迷ったけど、僕はそれを口にした。

「鴉の…彼女の…、お墓参りは行かなくていいの?」

鴉は、さっきと同じ体勢のまま。

だけど、その身体の奥底に緊張が走ったのが分かった。

僕は、自分の発した言葉に後悔したが、もう遅い。

出したものは戻らない。

「ごめん。」

仕方がないので、大して意味を持たない言葉を出した。

でも、そんな自分がより軽率な人間に思えた。

「向こうの親からすればさ、俺が殺したようなもんなんだ。だから、墓の場所なんて知るわけないだろ。葬式にだって出てないのに。」

そう言った鴉の声は、いつもよりも高くて、妙に明るくて、僕は言葉を失った。

カラカラ。

鴉が飲むアイスコーヒーの中で、氷が音を立てた。

僕は、自分の頭みたいだと思った。


スポンサーサイト
プロフィール

egorock215

Author:egorock215
ego-rockという劇団で作・演出しています。
淫れ菩耽とかいう名前で、怪しげなショーもどきもやっています。

台本を書く人がいなくて困っている劇団の方、その他諸々、文章を書くことなら何でもやりますので、声をかけてやって下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。