スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島哲也監督の「告白」を観に行った。

凄かった。

松子も凄かったが、それ以上かも。

観客にとって、泣くとか笑うとか、そういう行為が伴った作品は、印象に残りやすい。
作り手からしても、分かりやすい。

でも、それだけが良い作品ではない。

涙も出ない。
笑えない。

それでも、心が揺さぶられている時はある。

この映画で、そんな事を学んだ。

見終わったお客様に幸せな気持ちになってほしい。

それはそれでアリだ。

でも、私が作りたいもんは、違うじゃん。

私が揺さぶられるモンはそんなんじゃない。

揺さぶられ過ぎて心が停止するようなモンを、作りたい。

私なんてマダマダマダマダマダマダマダマダマダマダだ。

清々しい敗北感。

見て良かった。
スポンサーサイト

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

egorock215

Author:egorock215
ego-rockという劇団で作・演出しています。
淫れ菩耽とかいう名前で、怪しげなショーもどきもやっています。

台本を書く人がいなくて困っている劇団の方、その他諸々、文章を書くことなら何でもやりますので、声をかけてやって下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。